LINE・既読スルー・未読スルー

男性から女性にさりげなく好意を伝えるLINEの送り方!嫌われず意識させる言葉とは?

 

今回は、男性から女性に好意をさりげなく伝えるLINEの送り方や嫌われずに男として意識させる言葉を取り上げていきます。

 

やはり、好きな人にはこちらの好意を伝えたくなる反面、ストレートに「好き」と伝えるのは、まだ不安な場合もあることでしょう。

実際、関係性が十分にできていなかったり、彼女の気持ちが読めない場合にはストレートに伝えてしまうと、気まずくなったり、壁を作られてしまうリスクも少なくありません。

 

そういった場合には、告白前にさりげなく好意を伝えて、彼女の気を引いてみることをおすすめいたします。

さりげなく伝えることで彼女の反応を見ることもでき、真剣な雰囲気を出さないことで冗談として関係を悪化させることもありません。

 

実際、モテる男性ほど真剣に好意を伝えるのではなく、軽く好意をほのめかして、脈ありサインが確認できて、確実に落とせると確信してから告白をしているんですよね。

ですから、好きな女性がいるのであれば、リスクなしでさりげなく好意をほのめかす方法をマスターしておくことをおすすめいたします。

 

ということで今回は、男性から女性にさりげなく好意を伝えるLINEの送り方で、嫌われず意識させる方法・言葉についてお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

さりげなく好意を伝えるLINEの送り方!嫌われず意識させる方法・言葉とは?

彼女の話題に興味を示す

 

やはり、自分の話を楽しそうに、興味ありげに聞いてくれる人には好感を持つものですし、もっと話したいとなるものです。

女性に意識されるためにもまずは、彼女との会話だったり接点を増やす必要があり、こういった地道なアプローチが有効なのは間違いありません。

 

女性は話好きですし、特に自分の話を気持ちよく聞いてくれる相手には好感を抱いたり、異性ならば特別視もしやすくなるもの。

また、その様に自分の話を親身になり聞いてくれたり、理解しようとしてくれる姿勢からは、自然と好意も感じ取れるものですよ。

 

この際に大事なことは、好かれようという気持ちからやらしそうに話を聞くのではなく、余裕のある態度でゆっくり頷きながら話を聞いてあげるといいでしょう。

そういう余裕のある姿勢に女性は惹かれますからね。

 

【※好きな女性を本気で落としたい方はこちら】

【最短2週間】振り向いてくれない女の恋愛感情に火をつけて落とす方法

 

女性の内面を褒める

 

誰だって内面を褒められて嬉しくない人はいないでしょう。

特に、大人になると褒められる機会もグンと減ってしまうもので、より褒められることが嬉しく感じるものなのです。

 

明らかなお世辞を繰り返すような褒め方では、不信感を抱かせてしまう可能性もありますが、サラッと会話に混ぜたり、下心を感じさせず、ふとした際に褒める様にすると相手も素直に喜んでくれるでしょう。

また、褒められるとやはり気分が良くなるもので、その様に気分を良くしてくれる相手に対しては自然と好意を抱くものなのです。

 

最初は軽くかわされたり、流されてしまうこともあるかもしれませんが、タイミング次第では大きな効果が期待できますよ。

気分が落ち込んでいる時、元気がない時に褒められると、つい心を寄せたくなることもあるでしょうし、褒めてくれる=自分のことをよく見てくれていると感じて、褒められたことをきっかけに意識するようになるということも少なくありません。

 

しかし、好かれようと思ってあからさまにしてしまうのは、好意がバレバレになってしまうので、要注意。

あくまで、女性があなたに対して興味や好意を抱いている状況でさりげなく褒めるのがおすすめですよ。

さりげない気遣いを行う(周りの人に対しても有効)

 

褒めると同様に、自分を気遣ってくれる相手も無下にはできないもので、大人になると、目の前の忙しさから優しくなれない男性も多くなるものです。

そのため、よりそういった気遣いできる男性の存在を嬉しく、ありがたく感じるものなんですよね。

 

彼女の変化に気を配る様にして、調子が悪そうだったり、元気がなさそうな時には、是非「何かあったの?大丈夫?」と一言掛けてあげるのもOK。

彼女との距離がそこそこに近づけているならば、気遣う際に一言「僕で良かったら力になるから何でも相談して」と付け加えるのもアリです。

 

こちらの方がより好意だったり、本気で心配している、気に掛けているということが相手に伝わりやすく、関係がきちんとできているならば、それに対して悪いようには感じないでしょう。

また、直接気遣いをするのがやらしいと思うのであれば、周りの人に対して気遣いをするのも効果的です。

 

女性は周りを見ている人が多く、気遣いができる女性も少なくないので、余計に気遣いができる男性のことを好む傾向にあります。

好意が伝わる言葉を冗談交じりに混ぜ込む

 

彼女との関係性がある程度できており、冗談も言い合える様な関係ができているのであれば、冗談交じりに好意が伝わる言葉を伝えてみるのも良いでしょう。

 

具体的に言うと、

  • 「〇ちゃんのそういうところが好き」
  • 「〇ちゃんのそういうところが可愛い」
  • 「一緒に行きたい」
  • 「〇ちゃんとのLINEは楽しい」
  • 「〇ちゃんと会いたい」

といった感じで、ガチな雰囲気を出さないことによって、相手の反応を見つつ、攻めていくことをおすすめいたします。

 

あくまでも会話が盛り上がっている時に、冗談っぽく送るのがコツです。

盛り下がっている時や、スタンプや装飾なしで真面目な感じで送ってしまうと、場合によっては距離を取られてしまうことが予想されます。

 

もっというと、LINEだと伝わりづらかったりするので、直接会っている時に冗談のように伝えていく方がリスクなく、確実でしょう。

まだ彼女の気持ちが読めず、気を引きたいという段階ならば、サラッと流す感じで可愛く面白いスタンプと共に送ってまずは彼女の様子を伺ってみてください。

 

【※好きな女を狙って落とす秘密はコレ】

『ある女性の弱点』を狙っただけで脈なしになった女性と付き合えた方法とは?

 

まとめ

 

男性から女性にさりげなく好意を伝えるLINEの送り方・言葉は以下の通りです。

 

  • 彼女の話題に興味を示す
  • 内面を褒める
  • 気遣う(周りの人に対しても有効)
  • 好意が伝わる言葉を冗談交じりに混ぜ込む

 

こういったポイントを意識してLINEのやり取りを続けてみると、さり気なく好意を伝えることができ、彼女の気を引けるかもしれません。

ガチな好意を示したり、真剣すぎる雰囲気だと、どうしても重たい空気になってしまい、壁を作られてしまいますので、軽く、さりげなく好意を伝えれるようにしていきましょう。

 

 

↓ モテる男がこっそり使っている
圧倒的恋愛術はこちら!