LINE・既読スルー・未読スルー

付き合う前の女性とのLINEの頻度はどのくらい?連絡が少ない女性は脈なし?

HIRO
HIRO

どうも、『男の恋愛バイブル』のHIROです。

やり方さえ知れば脈なしからでも付き合える。

他の男に奪われる前に好きな女性を落として、彼女にしてやりましょう。

 

付き合う前の女性とのLINEの頻度はどのくらいが良いんだろう?

そもそも連絡が少ない女性って脈なしなのかなぁ?

 

狙っている女性と付き合う前のLINEの頻度について、なんとなく意識している人がほとんどじゃないでしょうか。

LINEを送りすぎても相手に迷惑だと思われるかも知れないし、距離を縮めるためには全く送らないわけにもいきませんよね。

 

たしかに付き合う前にがっつき過ぎると、女性の気持ちは冷めてしまいます。

だからこそ、彼女にとって「ストレスを感じず、でもあなたとのやりとりが楽しくて思わず返信ペースが上がってしまう」というのがベスト。

 

ただ、そうは言っても、中には連絡が少ない女性もいて「好意を持たれていないのかな?」と不安になる男性もいるでしょう。

とはいえ、連絡の頻度だけが全てではありませんので、その他の要素と合わせて女性の心理をみ読み取ることが大切です。

 

そのため、今回は付き合う前の女性との理想的なLINEの連絡頻度や連絡の少ない女性は脈なしなのかについてお話していきますので、最後まで読んでみてください。

付き合う前の女性とのLINEの頻度が少なくても付き合える!女の弱点を突いて追いかけさせよう!

 

気になる女性とLINEのやり取りを重ねたいけど、相手からあまり返ってこないし、送り過ぎるのも気が引ける。

もしかしたら、このまま距離が縮まずに付き合えることはないかも知れない。

 

もしそう思っていたとしても、大丈夫です。

今、好きな女性がどれだけ冷たくても、脈なしをチャンスに変えて付き合うことができるからです。

 

ただし、気になる女の子からの連絡が来ないからと言って、あなたはもっとLINEを続けようとしていませんか?

追撃などでLINEを送りたくなる気持ちも分かります。

 

でも、本当にその女性を落として付き合いたいのであれば、実は押してはいけません。

 

なぜかというと、押せば押すほど、あなたの立場が女性よりも『下』になってしまうからです。

そう、好意を出しすぎると、女性を安心させて好きになってもらえないのです。

 

本当にあなたがすべきなのは、むしろ逆。

女性のLINEが冷たくなった今のタイミングだからこそ、あなたは女の弱点を狙って女性よりも『上』の立場になるべきなのです。

 

なぜなら、女性は『常に上の立場の男を好きになる』から。

だってそうですよね。

 

先輩、上司、リーダー、先生、年上の男。

女性が惚れている男たちは、実をいうと、みんな立場関係が『上』なのです。

 

だからこそ、もしあなたが連絡頻度の少ない女の子を落としたいのであれば、ある女の弱点を狙って、『上』の立場になってください。

そうすれば、間違いなく彼女はあなたを追いかけてきて、嘘みたいに簡単に付き合えます。

 

LINEも返ってくるようになり、いつでもデートできるようになる。

脈ありサインもビンビン出ます。

 

返信が頻度が少ないタイミングだからこそ、気になる女性の恋愛感情に火をつけてあなたの彼女にしてください。

【最短2週間】振り向いてくれない女の恋愛感情に火をつけて付き合う方法

 

付き合う前の女性との理想的なLINEの頻度とは?

 

好きな異性とのLINEだと、できる限り長く続けたいと願う人が多いと思います。

もともとLINEやメールなどのやりとりが好きなタイプの人は、家族や友人、そして意中の相手にも頻繁に連絡を取り合うのではないでしょうか?

 

実は、付き合う前に好印象を与える方法として、程よい頻度があるのです。

一般的に女性がLINEを続けやすいと感じる頻度は、「週2日~3日」・「一日5往復以内」。

 

「予想していたより頻度が低い、少ない!」と驚いた男性も多いかもしれませんが、なぜこのような頻度を女性は好むのか?

具体的な理由を挙げてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

無理なく返せる頻度が良い

 

「あまりにも頻繁にLINEがくると、返信をすることに義務感を抱いてしまう」というのが一般的な女性の意見。

女性と楽しくLINEのやりとりをする上で大切にしてほしいのは、女性もあなたもストレスなく無理せずに送り合うこと。

 

「早く返さなきゃ」という気持ちになってしまったら、その時点で相手とのコミュニケーションにストレスを感じるわけですから、脈ありからは遠ざかってしまいます。

あくまでもLINEは楽しむ余裕を持って活用すべきでしょう。

 

また、どうしても頻度を多くしようと思えば思うほど、LINEでもがっついた雰囲気が伝わってしまい、引かれてしまうこともありますのでご注意を。

 

【※好きな女性を本気で落としたい方はこちら】

【最短2週間】振り向いてくれない女の恋愛感情に火をつけて落とす方法

 

やりとりのきっかけは用事があるとき

 

他愛ない話で盛り上がるのも楽しいことではありますが、LINEを送るきっかけには何か用事があったほうがより自然ですよね。

突然、日記のようなLINEを送り付けてしまう男性もいるようですが、実は女性にはとてもウケが悪いです。

 

他愛のない会話がしたかったとしても、まずは何かしらの用事や女性が答えやすい話題を用意しておくことが必要だと言えるでしょう。

用事があるときだけに連絡を留めれば、LINEを送る頻度を意識しなくとも自然と程よい感覚になっていきますよ。

 

また、あなたからLINEを送っているうちに、女性の方も気があればLINEを送ってきてくれるので、それをサインの1つとして感じ取ることをおすすめします。

 

ひとつひとつの返信にじっくり時間をかけたい

 

女性は男性よりも、基本的には忙しいです。

休憩時間や移動中、寝る前の時間など、合間の時間を使って返信をすることを思えば、一日に過度な回数のLINEをこなすことは少し大変かもしれません。

 

女性は、一般的に複数のことを同時にこなすことに長けていると言われていますが、交際前のLINEのやりとりは特に慎重になりたいという意見が大多数。

短文のやりとりやスタンプのみでの返信も可能ですが、きちんと考えて返信をしたいという女性の思いは嬉しいことですよね。

 

そのためにも、やりとりの回数、頻度を増やすよりも密度を大きくするなど工夫して女性とLINEをして、交際まで発展させていくといいでしょう。

 

LINEで自分から連絡しないけど返信は早い女性の心理とは?脈あり?脈なし? LINEで自分から連絡しないけど、返信は早い女性ってどんな心理なんだろう。 相手発信で連絡してこないから脈なし...

付き合う前の女性とほどよい頻度で送るための工夫!

 

付き合う前のLINEのやりとりは、相手の女性に負担をかけないペースが望ましいことはお伝えしました。

しかし、LINEのペースにはもちろん個人差があるので、実際にどうすれば良いのかわからない人もいると思います。

 

そこで、女性を不快にさせずに少しでも脈ありに近付けるためのコツを伝授します。

女性が忙しい時間帯は避ける

 

忙しいタイミングでLINEを送ってしまうと返信が負担になってしまうので、あまり印象はよくありません。

下手をすれば、未読無視や既読無視をされる原因にもなります。

 

そこで、まだ関係が浅い女性ほど、LINEを送る時間帯に気を配りましょう。

 

例えば、一般的に考えて「朝」は忙しい人が多いですよね。

寝ている間に送られてきたメッセージにいち早く返信したい気持ちもわかりますが、極力バタついた時間は避けたほうが無難でしょう。

 

朝にどうしてもLINEを送りたい場合は、通勤や通学中など、電車の中でスマホをいじっているような時間帯に送ると良いです。

まずは「おはよう」など相手もパッと返信しやすいメッセージにすることで無視を防ぐことができますよ。

基本的に相手のペースに合わせる

 

ある程度LINEのやりとりをしていれば、相手がどの時間帯なら返信がしやすいかが掴めてくると思います。

また、早く返信してくるタイプか、マイペースに返信してくるタイプなのか、LINEに対するスタンスも見えてくるでしょう。

 

女性の返信ペースを知ることができたら、それに合わせて返信するように心掛けると良いでしょう。

普通に考えて、相手がゆっくりLINEを返すのに、あなたが即返信をしていたら、彼女とは「合わないな」と思われてしまいますよね。

 

ですから、基本的には女性のペースに合わせて、お互いに気持ちのいい距離感・頻度でLINEをしていくことをおすすめします。

また、あまりにもLINEを重要視していると、精神衛生上よくありません。

 

なぜなら、好きな女性から返信があるかないかに対して一喜一憂してしまうと、自分の感情を上手にコントロールできなくなるから。

繰り返しますが、恋愛においては精神的に余裕があればあるほど優位に関係を築けるのですが、感情がブレてしまうことによってそれが困難になります。

 

過去の経験で、痛い目を見た人も多いのではないでしょうか?

じゃあ、どうすれば気にせすが済むのか?と考えると思うのですが、根本的な解決策としてはあなたのプライベートを充実させるといいでしょう。

 

仕事や勉強、部活に遊び、趣味に没頭など、彼女のことを考える以外の時間を増やしてください。

そういった生き方が、あなたの感性を磨き、魅力的な男へと成長させてくれ、ひいては周りの人やお目当ての女性を惹きつけることになるのです。

『ある女性の弱点』を狙っただけで脈なしになった女性と付き合えた方法とは?

 

付き合う前の女性の連絡が少ないからといって脈なしではない!

 

ここまでお話した通り、LINEの頻度は適度であることを望む女性が多いので、連絡が少ないからといって落胆する必要はありません。

遅くても必ず返信があり、女性もLINEのやりとりを楽しんでいる様子があれば、まず問題はないでしょう。

 

逆に、どれだけLINEのやりとりを頻繁にしていても、毎回短文であったり、事務的な返答しか返ってこなかったりするのであれば脈ありとはいえません。

脈の有無は、やりとりの多さに必ずしも直結するわけではないのです。

 

女性とのLINEの頻度を1つの目安にして、内容は好感触なものか、あっているときに好意を感じるか、相手からLINEが来るか、返信の速度など総合的に考えて、女性の気持ちを把握するといいでしょう。

また、もし脈ありならもう少し積極的に、脈なしっぽいのであれば、アプローチは控えめにして戦略を立て直してから再アプローチすることをおすすめいたします。

 

実際にこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

見て分かる通り、ご飯に誘うもドタキャン+既読スルーの状態からでも、好きな女性と付き合うことに成功しています。

しかも、女性の方から『今から泊まりに行ってもいい?』と言われるほどの食いつきです。

 

このように、既読無視された脈なしの状態からでも、やり方さえ知っていれば普通に付き合えます。

 

脈なしになっても関係ない、むしろ、その状況を逆利用する。

だから、逆転で付き合える。

 

もしあなたにどうしても付き合いたい女性がいるなら、『【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法』を使って追いかけさせる恋愛をしてくください。

 

もうね、実は単純な話で、惚れ直させてやればいいだけなんです。

今、好きになった女性をどうしても諦められないのであれば、口説きの奥義を使って惚れ直させてしまいましょう。

まとめ

 

意中の女性とのLINEのやりとりは楽しい反面、嫌われたくないという恐怖もつきものですよね。

肝心なのは、女性にもあなたにも負担にならない適度な頻度を知ること。

 

あなたがやりとりしたい頻度というのもわかりますが、恋愛では女性の気持ちが何よりも重要であるため、相手の女性の頻度に合わせてあげることが何より重要ですよ。

付き合う前の女性の気持ちはLINEの頻度はもちろん、内容や返信の速度、会った時の態度などから判断してみてください。

 

 

↓ モテる男がこっそり使っている
圧倒的恋愛術はこちら!